兵庫県、16日午後に県政150周年「フィナーレイベント」 78団体表彰など

20180712兵庫県庁

 兵庫県は県政150周年記念事業の最後の事業として「県政150周年フィナーレイベント」を16日午後に、兵庫県公館で開催する。昨年1月から始まった記念事業を振り返るとともに、兵庫県政に寄与したという15分野78団体を表彰。募集した全15ジャンルの兵庫自慢「何でも150」の結果発表などのほか、兵庫県の歴史に詳しい園田学園女子大学名誉教授の講演も予定する盛りだくさんの内容だ。

 これまで約1年3カ月間に展開した事業を振り返る約10分間の映像を作成し、「フィナーレイベント」で上映。さらに記念事業を実施した西宮市立浜脇中学校、県立生野高校、兵庫県地域創生ユースチーム、神戸学院大学の代表が、県政150周年企画委員会で会長を務めた関西学院大学の角野幸博教授と語り合うクロストークを予定する。

 このほか甲南小学校の児童による和太鼓演奏、ソプラノ歌手の水沢節子氏らによる兵庫ゆかりの曲コンサート、兵庫県立芸術文化センター(西宮市)を拠点に活動する小学生から高校生の楽団「スーパーキッズオーケストラ」の演奏も予定する。午後0時半に受け付けを開始し、午後1時に開始。観覧は無料。先着300人を定員としている。(写真は兵庫県庁舎=資料)

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告