神戸市、130億円規模の3月補正予算案 基金積み立てなど年度末の精算補正

20180626神戸市役所 

 神戸市は5日、一般会計に特別会計と企業会計を合わせた全会計で130億8900万円になる2018年度3月補正予算案を発表した。年度末に伴う精算補正を実施する。補正予算案のうち特別会計が97億6700万円を占める。国民健康保険事業と介護保険事業で過年度の黒字額を、国への返納や、基金への積み立てなどに支出する処理をする。

 一般会計では10月の消費税率引き上げに伴い、低所得者や子育て世帯に2万5000円分使える商品券を2万円で販売する「プレミアム付商品券」の発行準備費用を1億1500万円計上。昨年3月末で解散した旧都市問題研究所の残余資産3億9800万円を、都市整備等基金に積み立てる処理なども実施する。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告