阪急、三宮〜高速神戸の地下で携帯通信サービス 神戸高速の全区間で通信可能に

20190228通信サービス開始区間

 阪急阪神ホールディングス傘下の阪急電鉄は28日、神戸高速線の三宮〜高速神戸の地下区間で3月1日の始発からスマートフォンや携帯電話で通信ができるようになると発表した。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社の携帯端末でメールやウェブ閲覧などの通信ができる。

 同じく神戸高速線の地下区間である高速神戸〜西代では、すでに通信が可能。このため3月1日から全区間で列車からの携帯通信が可能になる。(図は阪急電鉄の発表資料より)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告