和田興産、監査等委員会設置会社に移行 5月の株主総会で

 和田興産は22日、同日開いた取締役会で監査等委員会設置会社に移行する方針を決めたと発表した。5月に開催する株主総会で、必要な定款変更を決議して正式に移行する。かねて取り組んでいたコーポレートガバナンス(企業統治)の強化と、意思決定の迅速化がねらい。移行後の新体制については、改めて決定する。

 監査等委員会設置会社に移行すると、現在の監査役を社外取締役に「昇格」させることができる。このため一般には、取引所などから複数の設置を求められている一方で、人材が不足している社外取締役の確保が比較的容易になるメリットがあるとされている。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告