FC2ブログ

MORESCOの今期、純利益一転11%減に下方修正 中国減速などで中計も下げ

20190219MORESCO業績修正

 MORESCOは19日、2019年2月期の連結純利益が前期比11%減の14億円になりそうだと発表した。従来予想である5%増の17億円から一転して減益見通しになった。中国経済の減速、新興国通貨の下落、原油価格の上昇を受けた原材料価格の上昇、ハードディスクドライブ市場での減速が総じて収益の逆風になっているという。

 売上高は4%増の289億円、営業利益は15%減の19億円を見込む。従来予想の300億円、24億円から下方修正した。

 同時に21年2月期を最終年度とした中期経営計画を見直したと発表。21年2月期の売上高は前期(18年2月期)比21%増の338億円、純利益は2%増の16億円をめざす。従来は350億円、21億円としていたが、水準を切り下げた。今期予想の下方修正を受けて、主力のダイカスト油材を含む特殊潤滑油部門の伸びが従来計画よりも緩やかになることなど、想定を見直した。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告