カネテツ「ほぼシリーズ」に大粒ホタテ登場 おつまみ向けに濃い味付け

20190218カネテツ大粒ほぼホタテ
 カネテツデリカフーズ(神戸市東灘区)は、酒のつまみとして人気があるホタテの浜焼きを再現した練り物「大粒ほぼホタテ 浜焼き風」を3月1日に発売する。本物のような見た目や食感、味を再現したフェイク(風味)かまぼこの「ほぼ」シリーズ。浸透してきた「家飲み」の需要に対応する。

 家庭で一杯やりながら、パックから取り出してそのまま食べることを想定。ホタテのうまみや磯の風味に加え、醤油がこげた香ばしさも、かまぼこで再現した。サラダや料理の材料を想定した従来の「ほぼホタテ」よりも甘さを抑え、濃いめの味付け。大きさも1個が21グラムと従来の12グラムから大幅に粒を大きくして、食べごたえが出るようにした。

 パッケージには真空パックを採用。冷蔵庫で長持ちするうえ、開封すればすぐに食べられる。全国のスーパーマーケットなどで販売する。4個入り。参考価格は税別255円。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告