FC2ブログ

兵庫県の19年度予算案、一般会計は3年ぶり増額1兆9354億円 全会計は過去最大

20190214兵庫県当初予算案2019

 兵庫県は14日、一般会計が18年度当初予算に比べ2.5%増の1兆9354億円とする2019年度の予算案を発表した。15日に開幕する兵庫県議会に提出する。一般会計の総額は3年ぶりに前の年度を上回る。社会保障関係費の自然増に加え、政府の「防災・減災、国土強靭(じん)化のための3カ年緊急対策」に対応して投資的経費を増やす。

 一般会計の支出のうち行政経費等は前年に比べ76億円(0.8%)増加の9705億円。高齢者医療などの社会保障関係費が140億円(4.5%)増加するなどで予算を圧迫した半面、利用が減っていた中小企業制度融資向けの貸付金を180億円(6.7%)減額してで増加を抑えた。参院選には約20億円、県議選には約13億円の費用を計上。一方、投資的経費は政府の「3カ年緊急対策」で実施する分が235億円と、県単独で実施する緊急自然災害防止対策事業120億円を新たに計上する。

 収入では、景気回復を受けて法人関係税が104億円(6.3%)増加するのに加え、10月からの税率引き上げなどで地方消費税による収入が56億円(5.8%)増加。このほか自動車関係税も増加を見込むなど、県税収入が3.1%増の8295億円になると見込む。投資的経費の増加を受けて、公募地方債による式調達は29.8%増の1238億円を予定する。国が交付税を支払う代わりに発行を認める臨時財政対策債の977億円と合わせて、19年度は2215億円の兵庫県債を新規発行する計画だ。

 特別会計と公営企業会計を合算した全会計の予算規模は1.8%増の3兆7819億円になる。当初予算としては2年連続で過去最大規模に膨らんだ。

関連記事

広告

コメント

No title

神戸の人間は特に学のある人間が東京志向、東京迎合の人間が多くそれでも神戸が発展してればいいけど、神戸は衰退の一途。口先だけで神戸、神戸と地元愛を語り実際は東京の太鼓持ち、靴舐めばかり。首長も天下りとしか考えてない出世落ち能無し元官僚ばかりで、己の力を過信してるのか真正のバカなのか、施策に必要なブレーンもたてず、かといって志のある民間人や経済人もだれも立候補せず、神戸人も神戸の発展を望んでないのでしょうね。

ご投稿ありがとうございます

 ご投稿ありがとうございます。東京に迎合しているかどうかは別として、弊サイトも神戸の発展を願っております。今後とも、よろしくお願いいたします。

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告