六甲バタの今期、純利益52%減に 「家飲み」需要好調も新工場の償却負担増

20190208六甲バタ決算グラフ

 六甲バターは8日、2019年12月期の単独税引き利益が前期比52%減の14億円になりそうだと発表した。家庭で種類を楽しむ「家飲み」需要が好調で増収を見込むが、国際的な需要増を背景とした原料チーズの国際相場上昇が利益を圧迫する。さらに神戸工場(神戸市西区)が3月に完成することから減価償却費が増加し、減益幅が拡大する見通し。

 売上高は5%増の553億円、営業利益は44%減の24億円の見込み。昨年発効した米国を除く11カ国による環太平洋経済連携協定(TPP11)や、2月に発効した日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)を活用して、できるだけ有利に原料チーズの調達を進めたい考えだ。神戸工場の焼却費用は今期、17億円を見込む。

 同時に発表した18年12月期の単独決算は、税引き利益が前の期に比べ12%減の29億円になった。従来予想の27億円をやや上回った。健康志向や家飲み需要を背景にチーズやナッツの販売が伸びたが、原料高が逆風になった。売上高は7%増の526億円、営業利益は11%減の43億円だった。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

サイト内検索

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告