シスメックス、オプティムと包括的な提携で合意 医療IoTなど開発へ

 シスメックスは6日、東証1部上場でソフトウエア開発のオプティムと先端医療分野でのAI(人工知能)やIoT(常時の監視や情報収集を目的としたセンサーや道具などのネット接続)を活用した医療機器システムの開発と、サービスの世界展開に向けて包括的に業務提携することで合意したと発表した。さまざまな医療機器をネット接続し、そこから得られる情報をAIが解析する次世代医療システムの早期開発、実用化をめざす。

 「がんゲノム医療」など遺伝子検査の一層の普及が見込まれるほか、予防医療への関心の高まりで、医療機関が取り扱うデータの量が近年は増大、多様化している。これらのデータを適切に取り扱のに加え、さらに患者1人1人に適した治療法を探る個別化医療で、厳密な診断法開発や薬の効き目の予想にもAIやIoTの活用が期待されている。シスメックスが持つ医療機器分野での経験と、オプティムのAIやIoTのノウハウを出し合い、新たなシステムの開発につなげる。

 今後は将来的な資本提携の可能性なども視野に入れ、最適な協業体制について具体的な検討に入るという。提携して取り組む第1弾として、シスメックスと川崎重工業の共同出資会社であるメディカロイド(神戸市中央区)が開発している「手術支援ロボット」のネットワーク化と、手術室全体の最適化を支援するサービスを共同開発できるか検討する。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

サイト内検索

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告