FC2ブログ

南京町で春節祭、5〜11日に2019円均一フェア 6ホテルで「神戸中華フェア」

20190202春節祭

 神戸市中央区の中華街「南京町」では旧暦の正月(春節)に当たる5日を機に「春節祭」を開催する。南京町広場などでのステージも一段と華やかに開催するほか、5〜11日には南京町の飲食店では2019円の限定メニュー、物販店では2019円の福袋と均一フェアを開催。さらに神戸市内の6ホテルではレストランで「神戸中華フェア」限定メニューを提供する。神戸観光局が間に入り、神戸市内の観光施設などと連携して展開する「南京町生誕150年記念事業」も佳境を迎える。

 南京町広場でのステージは獅子舞や雑技、歌や音楽に加えて47メートルの巨大な龍が登場する「龍舞」が今年ならではの見もの。3日に開催するプレイベントでは元町商店街や三宮センター街をパレードして、5日からの行事を盛り上げる。5日からの2019円均一フェアは飲食店・物販店の21店舗で展開するほか、例年人気で海外旅行なども当たるハズレなしの「ポチ袋くじ」も開催する。期間中の行事予定などは特設ホームページにまとめた。

 神戸中華フェアに参加するのは、ANAクラウンプラザ神戸、シーサイドホテル舞子ビラ神戸、神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ、神戸ポートピアホテル、神戸メリケンパークオリエンタルホテル、ホテルクラウンパレス神戸の6館だ。各ホテルとも2月いっぱい開催。このうち神戸ポートピアホテルの「中国レストラン聚景園」では5日夜のみの限定メニュー「春節祭〜二胡の調べとともに〜」(1万2000円=料理、ウエルカムドリンク、税、サービス料)も設定。二胡の演奏家として著名な鳴尾牧子さんの演奏が、食事とともに楽しめる。

 24日には特別シンポジウムで南京町の歴史を振り返り、将来を展望する。テーマは「世界の華僑華人 歴史と展望 神戸を中心に〜新・老華僑共生への道を求めて〜」。立正大学教授で日本華僑人学会元会長の山下清海氏の基調講演をもとに、神戸華僑の今後についてパネリストらが議論する。会場は元町商店街の風月堂ホール、無料だが先着200人までが入場できる。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告