井戸兵庫知事、25年の万博「関空さばき切れない可能性ふまえた空港活用を」

20190124広域連合と経済界

 24日に大阪市内で開いた関西経済界と関西広域連合の意見交換会で、連合長の井戸敏三・兵庫県知事は2025年に開催する2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の開催時に「関西国際空港だけで(訪日客を)さばき切れなくなる可能性が高いのではないか、ということを踏まえた関西3空港の有効活用」が重要だと指摘した。さらに「徳島空港や南紀白浜空港までにらんだ、空港の活用を念頭におく必要がある」と語った。25日に東京都で開催する「準備委員会(大阪・関西万博具体化検討会)で発言したい」と話した。

 井戸氏はこのほか、会場に決まっている夢洲(大阪市此花区)以外に「サテライト会場などを設置できるような大きな構想にしてはどうか」「会場と西部方面、特に神戸とどう(交通を)つなぐかは高速艇の運航など工夫が必要」などを、準備会合で発言したいとも述べた。

 神戸商工会議所の植村武雄副会頭(小泉製麻会長)が大阪・関西万博を機に、神戸〜夢洲間の海上航路を開設する構想について言及。これを受けて井戸氏が発言した。(写真は意見交換会の様子=関西広域連合が公開した動画より)

関連記事

広告

コメント

神戸市長も兵庫県知事も
関西経済界とは言え
大阪頼りで情けないよー

特に神戸の魅力が停滞してるのは、市長に問題があるとし言いようがない!
まず高さ規制を辞めましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告