阪神淡路大震災から24年、東遊園地で追悼行事「1.17のつどい」

20190117つどい

 阪神淡路大震災から17日で24年が経過した。神戸市中央区の東遊園地では同日早朝に、神戸市が主催して追悼行事「1.17のつどい」を開催。地震が発生した午前5時46分に合わせて参加者が黙とうした後、当時1歳と3歳だった弟2人を亡くした男性が、震災を語り継ぐ決意を語った。続いて久元喜造市長があいさつし、震災の教訓を生かし、防災・減災を通じて他の都市や地域に貢献する施策を展開すると改めて述べた。

 会場では「1995 つなぐ 1.17」の文字をかたどった竹灯籠やペットボトルが並べられた。気温は下がったが風はなく、この時期にしては穏やかな気候。早朝から多くの住民らが集まり、竹灯籠にロウソクの火をともした。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告