FC2ブログ

久元神戸市長、英アバディーン市と連携「相互に情報交換、学ぶことたくさん」

20190109久元神戸市長

 神戸市の久元喜造市長(写真)は9日、英アバディーン市と海洋産業や新エネルギーで連携することについて記者会見し、「相互に情報交換することをめざしている」と、ねらいを説明した。アバディーン市内では燃料電池車(FCV)の路線バスが既に営業運転しているほか、ごみ収集車や他の公用車にも導入。FCVの活用が「明らかに神戸よりも進んでいる」と指摘した。一方で「水素発電は神戸が世界で初めて実施しており、相互に学ぶことがたくさんあるはず」との見方を示した。

 そのうえで久元氏は、アバディーン市に進出しており神戸市にも拠点がある三菱重工業などに加え、より多くの民間会社が事業機会につながる可能性を指摘。交流は「さらにアカデミア(研究者)の世界にも広がり、産学官連携を両国(日英)間の国際的なレベルで広げることができると期待している」と語った。

 昨年アバディーンを訪れた際、久元氏は「神戸と同じように、ふ頭に船が着いていたが、船の形や種類がかなり違う。見たこともないような船だったのが印象的だった」と話す。昨年現地で開いた海洋産業セミナーなどでも「(アバディーンの)ロバート・ゴードン大学と神戸大学は似た問題意識を持ちながら、かなり教育内容が異なることがわかった」という。「交流することによって、海洋産業に関する新しい地平が広がっていくのではないかと感じている」と語った。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告