フェリシモの3〜11月期、純利益31%減 減収に配送コスト高が逆風

20190109フェリシモ

 通販のフェリシモが9日発表した2018年3〜11月期の連結決算は、純利益が前年同期比31%減の3億7500万円だった。希望した商品が毎月届く定期便(コレクション)事業での顧客数の減少で、減収になったのが響いた。為替差益が約1億円発生したことなどで営業外収益が増加したが補えなかった。

 売上高は3%減の208億円、営業利益は59%減の1億8800万円になった。販管費が1%増の109億円と膨らんだ。宅配便などの運賃上昇で商品送料が増加したのが影響した。さらに減価償却費が増えたのも重荷になった。

 2019年2月期の連結業績予想は、従来予想を据え置いた。純利益は前期比43%減の5億6300万円を見込む。期末配当金を前期据え置きの5円とする配当予定も維持した。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告