ノーリツが逆行高 今期純利益、有価証券売却で一転の11%増に上方修正

20180823神戸株アイコン

 12日の東京株式市場ではノーリツ(5943)が反発した。終値は前日比23円高の1494円だった。東証1部では全体の約9割の銘柄が値下がりするなど、ほぼ全面安の中で逆行高の展開だった。前日大引け後に2018年12月期の連結純利益が前期比11%増の60億円になる見通しだと発表した。従来予想である41%減の32億円から上方修正し、一転の最終増益見込みになったのを好感した買いを集めた。

 相場全体が下落する中で、比較的全体の動きに左右されにくい中小型株で個別に材料が出た銘柄とあって、短期売買する個人などの物色の矛先が向かいやすかった面がある。もっとも上方修正は投資有価証券1銘柄を売却し、40億円の特別利益を計上するためという。売上高や営業利益の予想は据え置き、来期以降の業容拡大に期待感を誘う内容ではなかったことから、一段の上昇には懐疑的な声もある。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告