兵庫県、元町再開発で民間からヒアリング 1月21〜25日実施で参加者募集

 兵庫県は老朽化した本庁舎や県民会館の建て替えを含む元町山手地区の再開発について、民間企業の意見やアイデアなどをヒアリングする。17日から参加者の募集を開始した。民間の知見を取り入れることで、年度内にもまとめる基本構想などに生かしたい考えだ。ヒアリングは2019年1月21〜25日に、兵庫県の本庁舎または周辺の会議室で実施する予定。

 兵庫県は元町再開発に関して自由な意見を求めているが、特に併設する商業施設や交流施設などで考えられる事業や、その際に適切な施設配置などについて民間の立場から提案などを受けたいという。ヒアリングは兵庫県の企画県民部管理局管財課と県土整備部まちづくり局都市政策課が担当する。

 参加者1組に対して1時間程度の面談を予定する。希望者は26日午後5時までに、県土整備部まちづくり局都市政策課に申し込む。参加の申し込みは電話(078-341-7711=内線4668)または電子メール kendo_toshi(atmark)pref.hyogo.lg.jp((atmark)は@に読み換える)で受け付ける。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告