FC2ブログ

神戸市のアジア物流フォーラムが閉幕 マレーシア・クラン港の運営会社と覚書

20181127アジア物流フォーラム3

 神戸港への集荷をめざすアジア物流フォーラムが27日、閉幕した。2日目(最終日)の同日は、米コンサル大手マッキンゼーのコンサルタントら3人が「激動期における港湾エコシステムの変革機会」について講演(写真)、続いてダニエル・ラッセル米元国務次官補が「2019年の世界経済の動向」について講演した。前日に続いて約300人の参加者が会場を埋めた。

 マッキンゼーの村上友太氏は、海運大手の統合が進む中で、事業上は川上に当たる港湾の統合が進んでいないと指摘。今後は港湾の間で連携などが加速するなど、「構造的な変化が近く起きる可能性が高い」との見通しを話していた。同社のフォックス・チュウ氏は「港湾には新たな事業モデルが求められている」と強調した。港湾経営の効率化について、参加者からはデータや情報技術(IT)の活用などについて質問が相次いだ。

 神戸市は今回のアジア物流フォーラムに合わせて、マレーシアでコンテナ取扱量が最も多いクラン港の運営会社「ポートクランオーソリティー」と連携の覚書(MOU)を結んだ。港湾に関する研究や人材育成、両港の航路開発、サービス向上の促進などについて相互協力することを盛り込んだ。神戸市は昨年2月に開催した「神戸国際港湾会議」では11カ所の港湾と覚書を結ぶなど、同様の覚書を結ぶのはクラン港で13港目。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告