FC2ブログ

みなと銀がヴィッセル戦に25組を招待 選手ロッカー見学も、発足20周年控え

20171213ノエスタ神戸

 関西みらいフィナンシャルグループ傘下のみなと銀行は、12月1日にノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区、写真)で開催するサッカーJ1の公式戦「ヴィッセル神戸対ベガルタ仙台」に、中学生以下の子供と保護者の25組50人を抽選で招待する。試合前には選手のロッカーやウォーミングアップを見学できるツアー付きの特別なコースだ。2019年4月に迎える発足20周年を控えるプレイベント。

 みなと銀はヴィッセル神戸のシルバースポンサー。地域に密着した経営の一環として、これまでもヴィッセル神戸の試合に子供らを招待してきた。今回は20周年を控えた記念行事として、スタジアムの中も見られるツアーも同時に開催。イニエスタ選手が神戸に加入して以来、プラチナチケットになっているうえに「舞台裏」も見られるとあって、サッカー好きの子供らの関心を集めそう。

 12月1日の午前11時45分にノエビアスタジアム神戸に集まれる子供と保護者が対象。費用は無料だが、往復はがきでの応募が必要だ。1枚の往復はがきで1組(2人)のみ応募できる。

 往復はがきには、保護者と子供の氏名とフリガナ、郵便番号、住所、年齢、電話番号(携帯電話も)、返信用の宛名を書く。宛先は、郵便番号651-0193 神戸市中央区三宮町2−1−1「みなと銀行広報室 スタジアムツアー係」。11月22日の当日消印有効だ。当選者には27日ごろに返信がある。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告