矢崎フェリシモ社長らがコンサル社 人気パティシエ小山氏のノウハウ紹介

20181115ヒトリゴト株式会社ロゴ

 通販大手フェリシモの矢崎和彦社長と人気パティシエでエスコヤマ(三田市)の小山進代表、兵庫ヤクルト販売(神戸市西区)の阿部泰久社長は共同で、コンサルティング会社「hitorigoto(ヒトリゴト)」(図はロゴマーク=発表資料より)をこのほど設立した。主に小山氏の経験やノウハウを軸に「流行らせる」ことに焦点を絞ったコンサルティングを手がける。12月には設立を記念したトークセッションを神戸市内で開催する予定だ。

 小山氏は1964年京都生まれ。神戸市灘区にあった洋菓子メーカー「スイス菓子ハイジ」に入社し、パティシエとしてテレビ番組「TVチャンピオン」(テレビ東京)に出演。94年まで2連覇するなどで知名度を獲得した。2000年に独立して洋菓子に関するコンサルを開始し、03年にはエスコヤマをオープン。看板商品の「小山ロール」はロングセラーになっている。新会社では小山氏の独特な経営哲学や美意識を語ることを通じ、洋菓子に限らず幅広い業種の人気店づくりを支援する。

 トークセッションは12月11日午後6時から、神戸市中央区のデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)で開催する。共同設立者である3人が「実践型 経営塾 hitorigoto株式会社『人気店の創り方教えます!!』~修行時代に学べなかった大切な事教えます!!~」をテーマに語り合う。質疑応答、交流会も開催する予定だ。申し込みはSNS(交流サイト)のフェイスブックに設けた予約専用ページなどで受け付ける。有料で参加費は1000円。定員は50人を予定する。 

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告