川西倉庫の4〜9月期、純利益73%減 台風など被害で特損、通期は据え置き

20181109川西倉庫決算グラフ

 川西倉庫が9日発表した2018年4〜9月期の連結決算は、純利益が前年同期比73%減の1億4600万円になった。6月18日の大阪府北部地震と、9月4日に近畿地方を通過した台風21号による被害で、倉庫設備の修繕費用など8121万円を「災害による被害」として特別損失に計上したのが響いた。前年同期に4億円の投資有価証券売却益を計上した反動もあった。

 売上高に相当する営業収益は前年同期比5%増の115億円、営業利益は4%増の3億1400万円だった。昨年に続きコーヒー豆や食料品の取り扱いや、神戸港での港湾運送などが堅調に推移した。売上高は従来予想の105億円を上回った。ただ、インドネシアに新設した倉庫の本格稼働による経費増などで、国際物流事業が2900万円の赤字を計上。営業利益は従来予想の3億4000万円に届かなかった。

 19年3月期の連結業績予想は据え置いた。純利益は前期比10%増の4億4000万円を見込む。貨物取扱高が堅調に推移する見通しだ。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告