FC2ブログ

シスメックスと川重の医療用ロボ会社、手術支援ロボ開発で独社と提携

 シスメックスと川崎重工業が折半出資した医療用ロボット開発のメディカロイドは4日、独医療機器のカールストルツ(バーデン・ヴュルテンベルク州トゥットリンゲン)と手術支援ロボットの開発に関する業務提携で基本合意したと発表した。メディカロイドは開発中の手術支援ロボットに、カールストルツが保有する画像システムや外科用装置の供給を受ける。

 カールストルツは手術に使う外科用内視鏡の世界最大手。設立された1945年以降の70年以上、外科手術に関わる医療機器を製造したノウハウがある。基本合意にもとづいて、メディカロイドはカールストルツから外科領域の知識などに関しても提供を受ける。

 病気を早期に発見し、早期に回復させ、患者への負担を抑える「低侵襲医療」の需要が高まるなかで、医療用のロボットは大きな役割を果たすとみられている。メディカロイドとカールストルツはたがいの相乗効果で、安全で高効率な治療ができる手術支援ロボットを、国内に加えて海外でも販売したい考えだ。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告