FC2ブログ

17年の兵庫県観光客数、過去最高1億3904万人 神戸が大幅増、東播磨も増加

 兵庫県は19日、2017年度に兵庫県を訪れた観光客が1億3904万人だったと発表した。姫路城の改装オープンなどで観光客数が膨らんだ15年(1億3875万人)上回り、過去最高を記録した。神戸開港150年記念行事でイベントが増加した神戸市の観光客数が大幅に増え、全体の観光客数を押し上げた。県内を10地区に分けた地区別では、神戸や東播磨など6地区が増加した。

 神戸は433万人増と10地区のうち増加幅が最も大きかった。神戸開港150年の関連行事に加え、メリケンパークの「BE KOBE」モニュメントが国内外で評判になったほか、道の駅「神戸フルーツ・フラワーパーク大沢」のオープン効果もあった。48万人増と次に増加幅が大きかった東播磨は、1 月に大規模イベント「2017 西日本B-1 グランプリ」を明石公園で開催したことなどが寄与した。

20180919兵庫県内観光客数

 新名神高速道路の開通で新たに設置された宝塚北サービスエリアを多くの人が訪れ、阪神北も増加。このほか淡路、丹波、西播磨も観光客数が増えた。半面、姫路城のグランドオープンで観光客が急増した反動が続いた中播磨のほか、阪神南、北播磨、但馬で減少した。ただ中播磨の峰山高原スキー場(神崎郡神河町)や但馬の余部クリスタルタワー(美方郡香美町)など新施設の寄与で、小幅な減少にとどまった。

 兵庫県が推計した観光消費額は1兆2149億円と、前の年度に比べ2.5%増加した。このうち観光産業による付加価値額である観光産業県内総生産は6979億円で2.4%増だった。物価変動を考慮した観光産業県内総生産の実質値は2.0%増の6861億円。県内総生産に占める割合は3.4%で、前の年度との比較では横ばいだった。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告