FC2ブログ

住友ゴム、南アフリカでトラック・バス用タイヤ生産開始 総投資額81億円 

20180807南アフリカ工場

 住友ゴム工業は南アフリカ東部レディスミス市の南アフリカ工場(写真=住友ゴム提供)で、トラック・バス用タイヤの生産を始めたと7日に発表した。既存の工場で新たな生産ラインを設置。従来は南アに輸入していた大型タイヤを、需要が伸びるアフリカ市場に向け、安定的に供給できるようにした。総投資額は9億7000万ランド(約81億円)という。

 南アフリカ工場は1973年に開設され、2013年12月に住友ゴムの傘下に入った。乗用車やライトトラック用タイヤを製造してきたが、トラック・バス用タイヤの生産設備を今回新設。建屋面積は18万平方メートルだ。7月19日に生産を開始した。20年には1日に750本を生産できるよう整備を進めるする計画としている。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告