FC2ブログ

アシックス株が値下がり率上位 上期業績が振るわず失望売り

神戸株アイコン

 6日の東京株式市場ではアシックス(7936)が大幅安。終値は前週末比193円(10.90%)安の1577円まで下落し、東証1部の値下がり率ランキングで10位になった。一時は1570円まで下落した。前週末3日に2018年1〜6月期の連結決算を発表。純利益が前年同期比71%減の34億円と、従来の会社予想である40億円を下回るなど業績が振るわなかったことで、失望感から売りが膨らんだ。

 同社は3日、上期決算と同時に、2月に中期計画として示した2020年に5000億円、売上高営業利益率7%の目標を達成するための「アクションプラン」を発表した。苦戦していた北米や、市場が拡大している中国で、現地法人の機能を強化する方針などを打ち出したが、据え置いた18年12月期通期の業績予想が下方修正される可能性を打ち消す内容とは、受け止められなかったようだ。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告