FC2ブログ

デンソーテン、タクシー向け「AI需要予測」を発売 突然の雨なども対応

20180802AI需要予測システム

 デンソーテン(旧富士通テン、神戸市兵庫区)は2日、AI(人工知能)が算出したタクシーの需要予測を定期的に配信するシステムを発売したと発表した。携帯電話の位置データから収集するリアルタイムの人数分布データと、タクシーの乗降場所や時刻のデータなどをもとに、タクシーの需要を予測する。NTTドコモが提供するサービス「AIタクシー」を、デンソーテンの製品「クラウド型タクシー配車システム」を通じて利用できるようにした。(写真は画面例=デンソーテンの発表資料より)

 500メートル四方ごとに区切り、エリア内で向こう30分間に必要になるタクシー台数を予測。エリアごとに色分けしてスマートフォン(スマホ)やタブレットに表示する。予測は10分ごとに更新する。自社タクシーの空車が走る位置をリアルタイムで表示することで、より的確な需要情報として使えるようになる。突然の雨にも対応でき、運転手が不慣れな場所でも流し運転で乗客を拾える可能性が高まる。タクシーの稼働率向上や、乗客の待ち時間短縮につながる公算だ。

 まず東京無線協同組合(東京都新宿区)、日本交通(大阪市西区)、熊本タクシー(熊本市中央区)向けにサービスを開始した。今後は他のタクシー会社にも導入を提案し、さらなる拡販をねらう。将来的にはルート案内と組み合わせ、乗客獲得率が高い地点に向けて効率的に誘導するサービスも展開したい考えだ。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告