FC2ブログ

アシックス本社に五輪・パラリンピック旗 体操内村、陸上北浦らも登場

20180801アシックス五輪パラリンピック旗

 2020年に開催する東京五輪・パラリンピックの組織委員会は1日、神戸市中央区にあるアシックス本社で「フラッグセレモニー」を開催した。現在、国内各地を巡回している五輪旗とパラリンピック旗が同社に訪れたのを機に、両旗を囲んで体操の内村航平選手らトップの運動選手と、神戸市立義務教育学校港島学園の小学5・6年生70人がスポーツを通じて触れ合った。

 五輪旗は内村選手、パラリンピック旗はパラ陸上の北浦春香選手がそれぞれ旗手を務め、会場になった同社1階の体育館としても使える多目的スペース「アトリウム」に入場した。会場には7月22日に名前が決まったばかりの公式キャラクター「ミライトワ」「ソメイティ」も登場し、選手らともに記念撮影した(写真)。

 会場では内村選手のお手本に続いて児童らがマット運動や跳び箱に挑戦。さらにゴーグルをかけた児童らが、ゴールボール日本代表の川嶋裕太選手が守るゴールにめがけてシュートするなど、ゴールボールも体験した。

 会場を提供したアシックスの広田康人社長はあいさつし、「オリンピック・パラリンピックは(開催地の東京だけでなく)日本全体で盛り上げて行くもの」「大会の成功に向けて神戸からも大きな声援を送りましょう」と話した。アシックスは東京五輪・パラリンピックでゴールドパートナーとしてスポンサー契約を結んでいる。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告