FC2ブログ

アジュバン、ポーアイ新研究開発棟を8月着工へ スキンケア製品を自社開発

20180729アジュバンコスメジャパン研究棟予想図

 美容室などのサロン向けにヘアケアやスキンケア製品などを販売するアジュバンコスメジャパンは、神戸市中央区のポートアイランドに開設する研究開発棟(図=同社提供)を8月に着工する。これまで商品倉庫として使ってきた建屋で、荷物の撤去をすでに完了。内部を研究施設に改装し、自社でスキンケア製品の開発をめざす。2019年春の稼働を予定しており、総工費は約3億円の見込み。

 同社は従来、メーカーが開発したOEM(他社ブランド生産)の製品を販売してきたが、これを順次自社開発製品に切り替える。今年3月にはヘアケアで初の自社開発製品「クラスS」シリーズを発売。新たな研究開発棟の活用で、スキンケア製品でも早期に自社製品を発売したい考えだ。

 研究開発棟には製品開発の担当者を5〜6人配置する予定。現在はヘアケアの研究開発担当者しか所属していないが、新たにスキンケアの開発担当者も採用する計画という。製品のレシピ(成分や薬剤の配合など)を自社で保有することで収益性を高め、中期計画で示した2023年3月期の売上高100億円をめざす。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告