FC2ブログ

ロック・フィールド社長に古塚副社長が復帰 岩田氏は代表権持つ会長専任に

 ロック・フィールドは8日、古塚孝志副社長(53)が社長に復帰する人事を発表した。岩田弘三会長件社長(77)は代表権を持つ会長の専任になる。古塚氏が社長に就任するのは2度目。7月26日に開催する定時株主総会が終了した後の取締役会で正式に就任を決める。

 古塚氏は2014年7月にも社長に就いた。ただ、事業環境の急速な変化などを受けて、いったん会長に退いた創業者の岩田氏が16年7月に社長として再登板。その際に古塚氏は専務に降格した経緯があった。その後、経営基盤が整ったと判断し、改めて世代交代する。

 古塚孝志(ふるつか・たかし) 1965年生まれ。1988年3月に大阪電気通信大工卒、同4月にロック・フィールド入社。2007年8月に執行役員、10年8月に上席執行役員。11年7月に取締役、13年7月に常務、14年7月に社長。16年7月に専務、17年7月に現任の副社長。兵庫県西宮市出身。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告