11日の決算発表(2)六甲バタ、カルナバイオとも今期予想を据え置き

20180513決算発表一覧2 

 六甲バターが11日に発表した2018年1〜3月期の単独決算は、税引き利益が前年同期比35%減の6億5200万円だった。原料チーズの国際価格が上昇していることや、積極的な設備投資などが利益を圧迫しているもよう。ただ同社は1〜3月期の業績を「概(おおむ)ね計画通り」としており、18年12月期の業績予想は据え置いた。

 カルナバイオの18年1〜3月期は連結最終損益が1億9400万円の赤字(前年同期は1億1800万円の赤字)だった。創薬支援事業ではキナーゼタンパク質の販売が好調で、増収だった。一方で創薬事業では研究開発費が膨らみ、支出が超過する構図。18年12月期の業績予想は据え置いた。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告