FC2ブログ

ビオフェル株が大幅高 3カ月半ぶり3000円台を回復

神戸株アイコン

 11日の東京株式市場ではビオフェル(4517)が3日ぶりに反発し、大幅高になった。終値は前日比153円(5.44%)高の2966円まで上昇した。一時は3030円まで買い進まれ、1月30日以来およそ3カ月半ぶりに3000円の節目を回復。売買高も前日の4倍近くに膨らんだ。2019年3月期の増益見通しを好感した買いが入ったとみられる。

 前日に今期の単独税引き利益が前期比4%増の23億円になりそうだと発表した。一部に20億〜21億円にとどまるとの見方が出ていたといい、これを上回ったのを好感する動きになったもよう。同社は今期予想と同時に、親会社である大正薬HD(4581)出身の和気秀行氏が社長に就く人事も発表。連携強化が収益拡大につながるとの期待感につながりやすいとの指摘もあった。

▽関連記事
ビオフェルの今期税引き益4%増に 社長に和気副会長が就任 (2018/05/10)
▽関連コンテンツ
メールマガジン「今日の株式相場」


関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告