FC2ブログ

電気を使って西宮ストークスを応援 シン・エナジーが電力小売り販売で提携

 シン・エナジー(旧洸陽電機、神戸市中央区)は7日、支払った電気料金の一部がプロバスケットボールチームである西宮ストークス(西宮市)の活動資金になるサービス「NISHINOMIYA STORKS ハッピーエナジー」を開始すると発表した。シン・エナジーは西宮ストークスと電力小売りに関する販売提携契約を結んだ。

 シン・エナジーにとっては西宮ストークスファンなどの集客が期待できる一方、契約者は日々の電力消費によって資金面からストークスが応援できる構図だ(図=シン・エナジーの発表資料より)。2日に西宮市立中央体育館で開催した西宮ストークスのホーム最終戦では、特設ブースで先行受け付けした。

20170507シン・エナジー

 西宮ストークスが電力販売事業者として、新サービスへの加入を受け付ける。具体的には、ストークスのホームページから、サービスに申し込みができるよう準備を進める。シン・エナジーは電力供給事業者として、契約者に電力を供給し、電気料金の支払いを受ける。そのうえで受けた電気料金の一部をストークスに支払う。6月9日から本受け付けを開始する予定という。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告