FC2ブログ

野田総務相「落選中の29〜32歳は毎晩セクハラだった」 過去の体験を告白

20180428野田総務相

 野田聖子総務相は28日午後に神戸市中央区で開いたパネル討論会で、「落選中の29歳から32歳までの間は毎日毎晩セクハラだった」と、過去の経験を告白した。野田氏は、福田淳一前財務事務次官のセクハラが週刊誌で報道されたことについて、「もうはるか30年前のことなのに(思い出して)悪寒が走ってしまう自分がいた」と話した。報道の内容は「私が経験したこととほどんど一緒だったから、事実だというのは確信できた」という。

 野田氏は「(議員)バッジが付いていないと、居酒屋の宴会場で開く2次会ぐらいにしか呼んでもらえない」と、落選中の当時を振り返る。「それをしなくては生きていけなかった」とはいえ、そうした場所では男性たちが「昼間は紳士なのだろうけど、酔っ払っていると『ただの下品な生物』に成り下がっていて、本当にイヤな思いもしてきた」。「お尻を触られたり、おっぱいを見せろと言われたり、そんなことは男の候補者だったら、まず言われないと思う」

 そのうえで野田氏は「いまは私は大丈夫だから、大丈夫じゃない人のために何をしてやろうか、と連休中いろいろ画策してやろうと思っている」と話した。さらに、政府が国会に提出している「政治分野における男女共同参画推進法案」が衆院を通過したと説明。参院も「野党が国会に出てくれば通る」との見通しを述べた。

 討論会はクロスメディアイベント「078」の一環で、「誰もが輝いて活躍できる街KOBEをめざして!」がテーマ。野田氏のほか元厚労事務次官の村木厚子氏、日本ユニバーサルマナー協会(大阪市淀川区)理事の岸田ひろ実氏、神戸新聞社編集局次長の西海恵都子氏が出演。社会福祉法人のプロップステーション(神戸市東灘区)で理事長の竹中ナミ氏がコーディネーターを務めた。
 
 主催者を代表してあいさつした「078」の名誉実行委員長である久元喜造神戸市長や、共催した兵庫県の井戸敏三知事が、コーディネーターの竹中氏から発言を求められる一幕もあった。

▽関連記事
久元神戸市長「目からうろこのアイデアいただいた」 「078」でパネル討論 (2018/04/27)
クロスメディアイベント「078」が開幕 神戸市長「未来を可視化する」 (2018/04/27)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告