FC2ブログ

トリドール、「丸亀製麺」をシンガポール初出店 21年3月末までに10店舗

 トリドールは18日、主力の讃岐うどん店「丸亀製麺」をシンガポールで初めて出店したと発表した。シンガポールを代表する商業施設「アイオン・オーチャード」に入居。18日から営業を開始した。アジアでも有数の商業地に出店することで、丸亀製麺のブランドを世界に向けて発信する役割も担う。シンガポールでは2021年3月末までに10店舗の出店を計画しているという。

 「釜揚げうどん」「ぶっかけうどん」など日本と同様に本格的な讃岐うどんが味わえる。さらに「スパイシーポークうどん」「酸辣(サンラー)うどん」といった、シンガポールになじみのある味も用意した。価格はかけうどんを6.0シンガポールドル(約480円)などに設定。日常的な食事の選択肢になるよう、現地のファストフードと同じ価格帯にした。

 営業時間は、出店するアイオン・オーチャードに合わせて午前10時から午後10時まで。アイオン・オーチャードは、欧州の高級ブランドや、カジュアルな雑貨や飲食店など300店を超す多様な店舗を抱える大規模なショッピングモール。2009年に開業し、都市鉄道MRTの駅にも直結している。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告