FC2ブログ

JR西日本、今夏から「ハローキティ新幹線」を運転 地域を結ぶリボン描く

20180314ハローキティ新幹線

 JR西日本とサンリオは14日、国内外で人気のキャラクター「ハローキティ」を車両にデザインした「ハローキティ新幹線」を山陽新幹線で運転すると発表した。ハローキティがJR西日本の地域の魅力を新幹線を通じて発信する。外装はピンクを基調に、地域をつなぎ、結ぶ意味を込めたリボンを描く。1号車は西日本の地域の魅力を紹介するスペースとして活用する。

 今夏から期間限定で運転する予定だ。1号車では第1弾として、「山陰デスティネーションキャンペーン」が開催される鳥取県と島根県を紹介する。自由席の2号車はハローキティを基調に飾り付け、かわいい内装にする。1974年の誕生で40年以上の歴史があり知名度も高く、アジアや欧州などの海外でも女性を中心に人気のハローキティを起用することで、訪日客の需要も取り込めそうだ。

 ハローキティ新幹線は500系車両を活用。現在500系車両で運転している、「新世紀エヴァンゲリオン」をデザインに取り込んだ「500 TYPE EVA」は、5月13日で運転を終了する。(図は先頭車両イメージ=JR西日本の発表資料より)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告