須磨シーワールド、入場券9日に発売 当面は日時指定で・6月1日開業

20240509オルカスタジアム

【神戸経済ニュース】須磨海浜公園(神戸市須磨区)で6月1日に開業を予定する水族館「神戸須磨シーワールド」の入場券を5月9日午前10時に発売する。同施設を運営するグランビスタホテル&リゾーツ(東京都千代田区)が8日発表した。開業日から当面の間は混雑を避けるため、入場の日時を指定したチケットを購入する予約制になる。1日の入場料金は時期によって変動するが、開業当日は大人(高校生以上)が3100円、シニア(65歳位以上)が2500円など。3歳以下は無料だ。

 西日本で唯一、シャチのパフォーマンスを見られるのが特徴だ。「オルカスタディアム」(図=グランビスタ社提供)では躍動感のあるシャチの動きを楽しめるほか、シャチに関する教育ゾーン、シャチの水槽に面したブッフェレストランなどを開設。入場料は「お盆期間」「夏休み期間(お盆期間除く繁忙期の土日祝)」「通常期間」「12月〜3月(冬・春休みを除く)」の4段階で変動。9日午前10時開設する専用サイト(https://tix.kobesuma-seaworld.jp/)でチケットを販売する。

 神戸須磨シーワールドのチケット発売と同時に、隣接する宿泊施設「神戸須磨シーワールドホテル」のレストランの予約受付も始める。提供するのはビュッフェ形式の昼食で、大人4400円、小学生2200円、幼児(4歳以上、小学生未満)1200円、3歳以下無料だ。神戸牛の神戸ビール煮込み、宮崎農園の野菜と神戸牛入りカレー、淡路島の南京と瀬戸内雑魚の和風マリネ、ケンミン焼ビーフンのそばめしなど50種類以上の料理を提供する。

 同時に神戸須磨シーワールドなど須磨海浜公園を再整備した、サンケイビル(東京都千代田区)を代表企業とする「神戸須磨Parks+Resorts共同事業体」は、環境認証「CASBEE街区評価認証制度」で最上位のSランクを取得したと発表した。23年に施行した新基準では初のSランクで、旧基準を含めても8件目という。このほか「BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)」なども含め、合計で6件の環境認証などを取得した。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

広告

広告

広告