大栄環境、子会社のINAC神戸運営会社を資本増強 1億円を増資

【神戸経済ニュース】廃棄物処理大手の大栄環境(9336)は1日、サッカー女子WEリーグINAC神戸レオネッサの運営会社で、大栄環境の完全子会社であるアイナックフットボールクラブを同日付で増資したと発表した。1億円を投入して資本増強。従来の資本金5000万円と合わせて資本金1億円、資本準備金5000万円にする。チームの強化だけでなく、女性が活躍する社会作りのための活動も展開するために財務基盤を強化し、経営を安定させる。

 女子サッカーを通じてSDGs(国連の持続的な開発目標)が掲げる目標の1つ「ジェンダー平等を実現しよう」の象徴をめざす。サッカーの試合に加えて地域イベントへの参加、女子スポーツの課題とされる引退後の活動を支援する取り組み、女性活躍社会の実現に資する事業などを積極的に展開したい考えだ。

 1億円全額を大栄環境が出資し、アイナックフットボールクラブは引き続き大栄環境の全額出資会社だ。大栄環境は引き続きINAC神戸とともに地域住民との関係を深め、青少年の健全育成や地域経済に貢献することで、ブランド価値や知名度の向上につなげるとしている。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告