神戸市長「石丸市長にお祝い申し上げたい」 安芸高田市YouTube登録者数が上回り

20240315久元市長会見

【神戸経済ニュース】神戸市の久元喜造市長(写真)は14日の定例記者会見で、広島県安芸高田市の公式YouTubeチャンネル(動画サイト)の登録者数が今年1月に20万人を超え、全国の自治体でトップになったことについて記者の質問に「石丸市長にお祝いを申し上げたい」と述べ、祝意を表した。従来のトップは神戸市の「kobecitychannel」で、現在の登録者数はおよそ19万6000人。久元市長は安芸高田市の石丸伸二市長について「たいへん熱心な方」と評した。

 久元氏は「まったく面識はなかったが、いちど神戸市役所に来られた」という。「安芸高田で開発したお好み焼きのレシピを、神戸のお好み焼き店を1軒1軒まわってPRしたいとおっしゃった」「私は、すごい市長やなと思った」。そこで久元氏は「大変失礼なことかもしれないし、役に立つかも分からないが、石丸市長に私の名刺を渡した」という。訪問したお好み焼き店で、レシピについて「神戸の市長も聞いている、と話してもらえれば10軒に1軒ぐらいは(協力する店舗もありそう)と思った」ためだったと振り返る。

 その際に石丸氏が神戸市役所を訪れた主な目的は、2023年5月13日に大阪市内で開催した「ひろしま神楽・大阪公演」のPRだったという。このため同公演について「神戸市公式note」で取り上げたところ「石丸市長から丁重にお礼をいただいた」。「それからお会いしていないが、大変ブレイクされたそうで、お祝いを申し上げたい」と話していた。神戸市によると、石丸氏が神戸市役所を訪れて久元氏に面会したのは、23年5月2日だった。


関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告