あいおいニッセイ同和損保が寄付 神戸登山プロジェクトに100万円

20240304登山p寄付

【神戸経済ニュース】MS&ADインシュアランスグループホールディングス(8725)傘下のあいおいニッセイ同和損害保険は、神戸市が展開する「神戸登山プロジェクト」に対して100万円を寄付した。あいおいニッセイ同和損保の中沢龍太支店長(写真右)が神戸性の今西正男副市長(同左)に目録を手渡し、今西副市長から中沢支店長に感謝状を渡す「贈呈式」を2月28日に神戸市役所で開いた。

 神戸登山プロジェクトは、神戸市が住民や企業の参加も求めながら登山道や登山者向けの案内標識などを再整備し、神戸市の住民が登山を楽しみやすくすると同時に、登山による観光誘客もねらう。中沢氏は「神戸市の取り組みに賛同して寄付する」という。寄付金は「契約者が保険証券や約款(やっかん)のウェブ化に応じることで節約できる、紙代や印刷代、郵送費用などが原資になっている」と説明した。

 同社の取り組みとして、保険証券や約款などのペーパーレス化が選択された割合に応じて、各地域に削減できた費用を還元し、自然環境や、自然を生かした街づくりにつなげたているという。あいおいニッセイ同和損保は神戸登山プロジェクトが、こうした主旨に沿った取り組みだと判断した。中沢氏は「社員全員で登山を楽しんだり、清掃活動に取り組んだり、そうした取り組みにぜひ参加したい」とも語った。

 今西氏は「日本における近代登山の発祥地であり、南斜面で気候もよく、登りやすいのが六甲山系の特徴だ」と説明。神戸登山プロジェクトを通じた登山道などの再整備で「神戸空港の国際化もあるので、できるだけ海外の方にも六甲山をいろんなルートで登ってもらいたい」「寄付金は貴重な財源として、よい登山道の整備に活用したい」と話していた。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告