ワールド、取締役会議長に社外取締役の青木氏 株主総会後に就任

【神戸経済ニュース】アパレル大手のワールド(3612)は2月29日、退任する上山健二会長の後任として取締役会議長に、青木英彦取締役(東京理科大院教授、56歳)が就任する人事を発表した。2月28日に開催した指名・報酬委員会で決めた。5月28日に開催する定時株主総会を機に、取締役会の議長に就任する。社外取締役が議長に就くことで、取締役会の監督機能を向上。企業統治(コーポレートガバナンス)を強化する。

 青木 英彦(あおき・ひでひこ)氏 宝塚市生まれ。1989年神戸大学の経営学部を卒業。94年に米デューク大学で経営学修士(MBA)、2018年に神戸大学大学院で博士(経営学)を取得した。国内外の証券会社でアナリストの豊富な経験を持つ。ワールドの取締役は23年6月から。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告