アシックスが急伸、ストップ高 配当額最高・株主への利益配分強化で

20240122神戸株アイコンA

終値 5480円 +700円(+14.64%)


【神戸経済ニュース】13日の東京株式市場では、スポーツ用品大手のアシックス(7936)が急伸。前場中ごろ過ぎには制限値幅の上限である前日比700円高の5480円まで上昇し、後場は買い気配のまま売買が成立しなかった。大引けでは同水準で40万6000株の売買が成立し、64万6900株の買い注文(指し値4万9300株、成り行き59万7600株)が残った。

 前週末9日大引け後に2024年12月期の連結業績予想を発表。純利益は前期比2%増の360億円と控えめの予想だが、年間配当金は70円と過去最高、さらに最大150億円の自社株買いを実施と株主への利益配分を強化するのが手掛かり。今期の純利益はQUICKコンセンサス(8社平均)の374億円を下回る見通しだが、株主への利益配分強化で株価材料としては補われ関心を集めた。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告