FC2ブログ

兵庫県議会、2017年度補正予算案を可決 353億円

 16日に開幕した兵庫県議会の定例会では、会期冒頭の同日に「但馬牛生産基盤強化整備事業」など農林水産業向け47億円を含む、353億円の2017年度2月補正予算案を原案通り可決した。道路建設や河川改修などの公共事業は285億円とした。

 353億円の支出に対して財源は、175億円が国庫。残りの大半は166億円は兵庫県債の発行によって資金調達する。事業によってはインフラ整備を目的とした兵庫県債を発行すると、国庫支出が受けられる制度を活用したとみられる。一般財源からの支出は1300万円になった。

 兵庫県議会の定例会は3月23日までの36日間。兵庫県は18年度予算案や関連議案のほか「ユニバーサル社会づくりの推進に関する条例」など87議案を提出した。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告