GセブンHDが大幅続伸 営業減益も順調な進捗率を好感か

20240122神戸株アイコンA

終値1331円 +68円(+5.38%)

【神戸経済ニュース】1日の東京株式市場ではG-7 ホールディングス(7508)が大幅続伸。一時は前日比74円高の1337円まで上昇した。前日に2023年4〜12月期の連結決算を発表。営業利益は前年同期比1%減の56億円と減益になった。ただ24年3月期通期の予想(77億円)に対する進捗率が74%と、おおむね4分の3まで到達しており、順調に収益を計上しているとの見方が広がったようだ。

 23年4〜12月期の業績は、引き続き市場価格の上昇による物流費、光熱費、人件費などの増加は逆風で販管費は前年同期を上回ったが、物価高を受けた消費者の節約志向の高まりで、「業務スーパー」は好調。暖冬の影響で冬用タイヤの販売が伸び悩み、「オートバックス」の業績に響いたが、同社全体としてはほぼ吸収した形になった。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告