住友ゴム、能登半島地震に義援金500万円 有志の積立金からも50万円

【神戸経済ニュース】タイヤ大手の住友ゴム工業(5110)は16日、能登半島地震の被災者支援のため義援金500万円の支出を決めたと発表した。さらに同社の従業員有志による募金の積立金「住友ゴムCSR」基金からも50万円を寄付する予定という。あわせて550万円を日本赤十字社を通じて寄付する予定。

 「住友ゴムCSR基金」は事業所の近隣で活動する、地球環境問題や社会問題に取り組む非営利団体(NPO)の支援を目的に設立した基金。今回はこの基金からも義援金の支出を決めたとしている。


関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告