兵庫県、赤穂市・たつの市での「ワーケーション知事室」を中止 12・13日

【神戸経済ニュース】兵庫県は9日、赤穂市とたつの市で12、13日に予定していた「ワーケーション知事室 in 西播磨」を中止すると発表した。能登半島地震の被災地支援などに対応するため。ワーケーション知事室は、斎藤元彦知事が県内各地を原則として泊まりがけで訪問し、テレワークで本庁の仕事をこなしながら、空いた時間や夜などを地域住民との交流に充て、観光振興などをねらう。

 今回のワーケーション知事室では、たつの市でのカキ養殖場視察、凍結防止剤など化成品を製造する赤穂化成(赤穂市)での「第4回躍動カフェ」、赤穂御崎の観光関係者との意見交換などを予定していた。これまでのワーケーション知事室は、多可郡多可町などを北播磨地域を訪問した初回が鳥インフルエンザへの対応のため延期になった経緯があった。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告