神戸ルミナリエの有料チケット、鉄道会社MaaSアプリでも販売 引き取り不要に

20231102ルミナリエメリ

【神戸経済ニュース】2024年1月19〜28日に開催する光の祭典「神戸ルミナリエ」では今回初めてメリケンパーク(神戸市中央区)に開設する有料エリアのチケットを、鉄道会社のMaaS(交通のデジタルサービス)アプリを通じても販売する。JR西日本と大阪メトロなど鉄道7社が9月にサービスを開始した「KANSAI MaaS」と、JR西日本が独自で展開する「tabiwa by WESTER」で販売。チケットを店舗などで引き取る必要がなく、スマートフォン(スマホ)の画面に表示したチケットを提示することで、入場できる。

 スマホにアプリを導入したうえでアプリを起動し、「神戸ルミナリエ」を検索すれば希望する日時で有料エリアのチケットを購入できるようにした。いずれも利用には会員登録が必要で、決済にはクレジットカードを使用する。発券が不要の販売経路も開設することで来場者の利便性を高める。

 ネットでの前売り券販売はローソンチケットの「ローチケwebサイト」を通じても販売するが、ローソンまたはミニストップでチケットを受け取ってから会場を訪れる必要がある。このほかローソン、ミニストップに配置しているマルチメディア端末「Loppi(ロッピー)」でも購入することができる(購入の際にはLコード「54036」が必要だ。

 前売り券は500円。入場する時間帯を、午後5時半〜午後6時半、午後6時半〜午後7時半、午後7時半〜午後8時半、午後8時半〜午後9時半(消灯)の4つから選んで購入する。入場日の前日まで販売。当日券は1000円で販売するが、前売り券の売れ行きによっては混雑を避けるために販売しない場合もある。このため神戸ルミナリエ組織委員会事務局では、事前の前売り券購入を呼びかけている。(図はメリケンパークに設置予定の作品イメージ=神戸ルミナリエ組織委員会提供)

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告