今日の株式相場・軟調、日銀会合の結果控え慎重 3万2600円台に下落も

20200401今日の株式相場

【神戸経済ニュース】19日の東京株式相場は軟調に始まりそうだ。昼ごろとみられる日銀の金融政策決定会合を控えて、慎重な動きになりそうだ。金融緩和は現状を維持するとの見方が大勢を占めるが、金融政策に何らかの修正を加えることで外国為替市場で円高が進むきっかけになることに対する警戒感がくすぶる。円高が進むようだと株式相場の下げは拡大する公算だ。日経平均株価は3万2700円近辺で推移するとみられる。

 18日の米株式市場ではダウ工業株30種平均が小幅ながら8日続伸した……(続きはNoteでご覧ください)

▽関連コンテンツ

・この記事は、国内外の経済動向や相場動向を解説することを目的としております。投資勧誘や特定の商品の購買勧誘を目的としたものではありません。
・この記事は、信頼できると思われる情報、データに基づいて作成されていますが、筆者・発行者がその情報の完全性や正確性、相当性などを保証するものではありません。
・この記事の情報を利用する場合は、すべて利用者の責任においてご利用ください。その結果として生じたすべての帰結について、筆者・発行者は一切責任を負いません。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告