シスメックスと富士レビオ、試薬原料を相互供給 免疫検査で抗原・抗体中心に

【神戸経済ニュース】シスメックス(6869)とH.U.グループホールディングス(4544)傘下の富士レビオ・ホールディングス(HD)は14日、免疫検査の分野で両社が保有する試薬原料を相互供給することで合意したと発表した。10月に結んだ免疫検査に関する業務提携に基づく取り組み。シスメックスと富士レビオHDの子会社各社が持つ免疫検査試薬の主要な原料である抗原・抗体を中心に広範囲な試薬原料を相互供給する。

 試薬の相互供給はコスト削減にとどまらず、両社が持つ原料を出し合うことで経営資源の有効活用につながるほか、海外での需要拡大への対応に加え、各社が独自の仕入れルートを持つことから調達難へのリスク回避などにもつながると判断した。

 シスメックスと富士レビオは11月に、アルツハイマー病など神経変性疾患関連の領域で脳脊髄液検査と血液検査を目的とした、シスメックスの全自動免疫測定装置「HISCL」シリーズ専用試薬の受託開発製造契約を結んだ。同契約による試薬開発の加速にもつなげる。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告