経済同友会、全国の代表幹事が集まる会議を神戸で 来年11月

【神戸経済ニュース】全国の経済同友会の代表幹事が集まる会議が2024年11月25日に神戸市内のホテルで開催されることが、9日までに分かった。全国各地に44団体ある経済同友会の代表幹事らが参加。神戸経済同友会と同様に、代表幹事を複数置く団体も多く、参加者は100人超になるとみられる。23年11月の奈良市に続き、2年連続で近畿地方での開催になった。

 開催する会議は経済同友会の「代表幹事円卓会議」で、毎年1回開催。各地を代表する経済人である代表幹事らが経済・社会の課題について意見交換したり、同友会セミナーなど今後の行事について議論する。奈良市での今年の円卓会議では、神戸経済同友会もSDGs(国連の持続的な開発目標)に関する官民連携の取り組みなど活動方針について報告した。次回の内容は今後詰める。

 神戸市では神戸経済同友会がホスト役になり、22年4月に全国経済同友会セミナーを開催することが決まっていたが、新型コロウイルスの感染拡大を受けて中止になった経緯があった。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告