斎藤兵庫知事、坂本花織に「心から拍手」「女王の貫禄」 GPファイナル優勝で

20230914斎藤兵庫知事

【神戸経済ニュース】兵庫県の斎藤元彦知事(写真=資料)は9日、中国・北京で開催したフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで神戸市出身の坂本花織選手(シスメックス)が初優勝したことについて、「これまでの偉業に満足することなく、たゆまぬ努力と挑戦によって達成されたこのたびの栄冠に、心から拍手を送ります」とのコメントを発表した。

 斎藤知事は「グランプリシリーズ2連勝で臨んだ今大会は、世界女王の貫禄を発揮し、見事に昨年の雪辱を果たされました」と述べ、期待の大きな中でプレッシャーにも屈することなく頂点に立った坂本選手をたたえた。さらに「これからも、世界を志す子どもたちをはじめ、多くの県民に、“夢”と“感動”を与えてください」と述べ、さらなる活躍に期待した。

 兵庫県は、坂本選手が2022年の北京五輪で銅メダルを獲得したのに加え、全日本選手権・世界選手権2連覇を達成したことを受けて、23年度に同選手へ「兵庫県スポーツ特別賞」を贈っていた。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告