斎藤兵庫知事、冬のボーナス249万円 前年同期比7.3万円増

【神戸経済ニュース】兵庫県は、斎藤元彦知事の冬のボーナス(期末手当)に給与月額の1.70カ月分から30%減額した249万2041円を支給すると発表した。支給月数が前年同期に比べて0.05カ月分増えたことで、金額は前年同期に比べ7万3296円増加した。兵庫県は給与特例条例に基づき、知事の期末手当を30%カットしている。

 兵庫県議会の内藤兵衛議長の冬期手当は266万2200円で、前年同期の議長に比べて7万8300円の増額。月額給与の1.70カ月分を支給と、従来の1.65カ月分から支給月数を引き上げたため。

 2.25カ月分を支給する一般行政職7161人(知事部局、企業庁、病院局、公安委を除く各種行政委の行政職)の期末・勤勉手当の平均は85万1145円(前年同期比2万1222円増、2.6%増)になった。月額給与の2.25カ月分を支給と、前年同期の2.2カ月分から引き上げた。平均年齢は42.6歳と、昨年の43.0歳からやや若返った。

 知事や議長など特別職、一般職とも8日に支給。


関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告